元名古屋のジョーの試合中の暴言をカメラが拾う

ジョー 名古屋グランパス

8月30日の日曜日にモルンビースタジアムで行われたサンパウロVSコリンチャンスのクラシコで、元名古屋グランパスでプレーしていたジョーが切れた。
サンパウロの21歳若手DFジオゴ(Diogo)に向かって暴言を吐く姿が、はっきりとカメラに映り話題となっている。

ジョー

コロナの影響で無観客試合となった為、ピッチでのやりとりが丸々聴こえてしまった。ジョーとサンパウロの21歳DFジオゴ(Diogo)との口論をマイクがはっきりと拾ってしまったのである。

事件は後半23分に起きた。サンパウロが2-1でリードの状況。自陣エリア内でのクロスに対応したジオゴが、相手FWのジョーに背中を叩かれたことに抗議。
ジョーがジオゴの背中を叩いているのは映像でもはっきりわかる。
口論はヒートアップし、ついにジョーの口から

Baixa a bola, seu moleque do c××××
カリカリしてんじゃねえぞ、このクソガキが

×××はテレビでは放送できないワード

 

その後両チームが入り乱れなんとか事態は収まったが、問題のシーンはVARにより確認されたがファウルはなかった。

ジョーはグランパスに来る前にはブラジルリーグで得点王になったこともあり、国内での知名度は抜群に高い。若手DFに思うようにプレーさせてもらえず、イライライが募っていたのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました