ブラジルVS日本 採点&ネイマールのインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 55

0-3
ま、そりゃそうでしょう
Brasil-Neymar-Eduardo-Viana-LANCEPress_LANIMA20130615_0139_26

コンフェデ開幕戦 ブラジルVS日本
結果はご存じの通り3-0でブラジルが完勝でした!
試合のハイライトをブラジルの実況でどうぞ↓


ちなみにコンフェデの試合、日本の解説は小野伸二なのに対しブラジルの解説はなんとロナウドなのだ☆

ネイマール開始早々に魅せましたね!
実はネイマールはサントスの試合と代表戦を含めて10試合、842分間ノーゴールでメディアからかなり批判されておりましたが見事払拭しました!
試合直後のインタビュー動画↓


ちなみにネイマールは2011年にも895分間ノーゴールのスランプに陥ったことがある

そしてブラジルから各選手の採点が届きました!
簡単に翻訳したのでどうぞ↓

ブラジル

GK ジュリオ・セザール 5・0
あまり見せ場はなかったものの本田のほとんどのシュートを弾き返した。ディフェンスに集中していて最悪な終わり方を許さなかった

DF ダニエウ・アウヴェス 5・5
マルセロと共に果敢にオーバーラップをみせた。攻撃の場面ではあまり姿を現さず、香川のマークに手いっぱいだった

DF チアゴ・シウヴァ 6・0
危険を察知したプレーで安定しており、一番前線にいた岡崎を難なく封じた。

DF ダビド・ルイス 5・0
他のDFと比べるとあまり良くない。いくつかの不用意なプレーがあり本田のマークに苦しんだ。幾度もボランチのヘルプに救われる

DF マルセロ 6・5
ルイス・グスタヴォのカバーリングを良くこなし、攻撃参加もし、ネイマールとのコンビも良かった。先制点を生んだフレッジへのパスはパーフェクト

MF ルイス・グスタヴォ 6・0
守備的。ボールがない時はほとんど3人目のセンターバック。機能していた

MF パウリーニョ 7・0
フェリペ監督はボランチの役目を良く理解している。ボールを出した後の動き良し。常にペナルティエリアの近くにいた。後半のゴールもビューティフル

MF オスカル 7・0
いつもより控えめ。普段の調子ではないものの試合終了間際にジョーへパーフェクトなアシスト。チームの中のレギュラーの一人

FW フッキ 7・0
ドリブルや危険なプレーで右サイドをパワフルにプレーしていた!常に後ろから上がってくる選手に対してセンタリング。サポーターから拍手でピッチを去る

FW ネイマール 7・5
徐々に背番号10にふさわしくなっている。開始早々のスーパーゴールが効いた。もちろんお得意のドリブルもありいくつかの場面でみられた

FW フレッジ 6・0
フィニッシュのチャンスが少なかった。しかしポストプレーは機能しアシストをマーク。多分ネイマールへのアシストは狙ってない

MF ルーカス 6・0
サポーターから愛されている。チームの攻撃にスピードを与えたが、プレーする時間があまりなかった

MF エルナニス 6・5
交代で投入されて良い動きをした。高い位置でプレーしペナルティエリア付近で驚異となった。フェリペ監督の一枚目の切り札

FW ジョー 6・5
終了間際に投入。唯一のチャンスを無駄にしなかった。ダメ押し弾を決める

日本

GK 川島 5・5
ネイマールの先制点はどうしよもない。しかしパウリーニョの2点目は防ぐことができた。しかし守備は安定

DF 内田 4・5
やられることはなかったがネイマールのマークにかなり苦しんだ。マークに手いっぱい

DF 今野 5・0
空中戦はよかったものの、地上戦ではかなりスペースを与えた

DF 吉田 5・5
ディフェンスの中では一番よかった。しかしブラジル攻撃陣の敵となるには程遠い

DF 長友 5・0
何回か相手ゴールラインまでチャレンジした。しかし期待していたよりも控えめなプレーだった

MF 長谷部 4・5
日本のキャプテン。ファールしまくり。しかもネイマールにえぐいファールを

MF 遠藤 5・0
長谷部よりもテクニカル。攻撃時に何度か上がってサポートを試みたが成功せず

MF 本田 6・0
今日の試合、日本代表の中で一番良い。隙があればロングシュートで狙った。フリーキックでもブラジルを脅かした。しかし個の力では何もできず

MF 香川 5・0
アビリティでテクニカル。左サイドの攻撃でがっちりマークされる。後半戦にサイドを変えてみたがブラジルのマークから解放されることができず

MF 清武 4・0
スペースのあった右サイドでプレー。最もうまくて経験のある本田や香川より全然ダメ。マルセロは全く仕事をしていない。後半開始早々に交代

FW 岡崎 5・5
前線で孤軍奮闘。一度だけゴールチャンスがあったがあまりボールが回ってこず

FW 前田 5・0
交代した清武よりは良い。しかしテクニックのレベルは相変わらず低い

MF 細貝 4・5
遠藤の代わりに入りチームを攻撃的にしようと試みる。良くない

MF 乾 採点なし
試合終了間際に投入。何もみせることができず

マンオブザマッチに選ばれたのはスーパーゴールを決めたネイマール
日本で一番高評価だったのは本田でした!

なんか日本のサイトみると内田はよくネイマールを抑えたと絶賛されているようですが
ブラジル記者には全然抑えられてねぇよ的なふうに書かれてます

オスカル7・0もちょっと納得いかんな
全然良くなかったでしょ? 早くルーカス入れて欲しかった

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ネイマール 日本戦の後のインタビュー | 奇跡のブラジル留学-「絶対不可能」を覆した学生の備忘録&勉強法 より:

    […] ブラジルVS日本の試合の採点→ http://vamosaobrasil.com/brazil-vs-japan-confederations-cup.html […]

  2. 88 より:

    他のサイトでもこの新聞の翻訳をしていましたがどういう根拠で選んでいるのしょうか?

    ガゼッタ・エスポルチーヴァ紙とランセ紙という新聞が2大大手紙らしくそこの採点がどこかのスポーツサイトにありましたよ。

    • vamosaobrasil より:

      >SSさん

      採点は記者の独断です。ランセなどは3人くらいの記者が採点していて評価にはかなりバラつきがあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。